仮囲い等からの出庫を知らせる「カーデル」

カーデル設置イメージ図

出庫車両検知システム「カーデル」

出庫車両検知システム「カーデル」は、主にソーラーパネルと赤外線感知センサーからなる自立式センサーで、車両が発する(反射する)赤外線を感知することで信号を発することができます。

信号は付属のサイレン付き回転灯や、オプションの電光表示板に入力することで、付近を通行する人や車両に向け、仮囲い等の死角から出庫車両が接近していることを知らせることができます。センサー単体で車両の移動方向を判別できるため、入庫車両は検知させず、車両が出庫するときにのみ信号を発することが可能です。太陽光発電による給電と特定小電力無線を使った信号発信により、ワイヤレスで簡単に設置できる点が特徴ですが、100V商用電源対応、ケーブル信号対応の有線タイプもございます。

注意事項

  1. 記載された情報は予告なく変更する場合があります。ご利用前に必ず弊社各営業所までお問合せください。
  2. 雨天の際、センサーの反応が悪くなることがあります。
  3. 対向車両を検知した際や検知エリア内に連続で進入した場合、センサーの反応が悪くなることがあります。
  4. センサー感度は一時停止する前の徐行車両を検知するのに最適な状態にチューニングしているため、高速で移動する車両を検知するには不十分である場合があります。
  5. 高速走行車両を検知する場合は、姉妹商品の「カークル」をご利用ください。なお、カーデルは徐行車両のみならず、人体の発する赤外線等も感知することがあります。誤動作を防止するには、歩いてセンサー前(正面5m以内)を横切らない・センサー取付高を2mぐらいにするなどの工夫が必要となる場合があります。
  6. 三脚はオプションでご用意しております。
  7. 詳細につきましては、弊社各営業所までお問合せください。
カーデル設置写真
ページトップへ戻る