特徴

出庫車両検知システム「カーデル」は、主にソーラーパネルと赤外線感知センサーからなる自立式センサーで、車両が発する(反射する)赤外線を感知することで信号を発することができます。

さらに詳しく

往来車両検知システム「カークル」は、主にソーラーパネルと赤外線照射センサー、赤外線反射板からなり、
センサーと反射板との間を車両等が横切り、センサーの照射する赤外線が遮断されることで信号を発することができます。

さらに詳しく

カーデル・カークルは標準装備のサイレン付き回転灯のほか、オプションで電光掲示板と連動させることもできます。光や音による注意喚起よりも、文字による詳細な注意喚起ができるという点で、より具体的な安全対策を
行うことができます。

さらに詳しく
ページトップへ戻る